新年のご挨拶

 

 明けまして、オメデトウございます。今年一年が、皆様方にとって良き一年であるよう、心よりお祈り申し上げます。

 

 今年初めて見た夢は、道で知らない女性に蜂蜜を上げる夢でした。元旦に見る夢は、「初夢」とは言わないそうですね。今晩、床に入ってから見る夢が、初夢だそうで。

 

 年末から休み始めたので、体が大分回復してきました。メッセージ性の強い夢を5日までは見られそうなので、いい夢を見れば、またこちらで紹介させて頂きます。

 

 では、本年も、何卒よろしくお願い申し上げます。


年末のご挨拶

 

 私個人のとっても、世界にとっても、激動の一年でした。その2019年も、間もなく終わりを告げようとしています。

 

 来年は、どんな一年になるんでしょうか?

 

 思いも掛けない出来事が、待ち受けているような気がします。

 

 読者の皆様方には、仕事が忙しく、あまり更新できなかったことをホントに申し訳なく思っております。更新していない間も、このブログを訪れて下さった全ての方々に、心より御礼申し上げます。

 

 来年は、私個人にとっても、また違った一年になるよう頑張りたいと願っております。どうぞ、良いお年をお迎えください。

 

 


Happy new year!

 

 新年、明けましてオメデトウございます。今年一年が、皆様方にとって良き一年となるよう心よりお祈り致しております。

 

 本年も、何卒、宜しくお願い申し上げます。

 

                            鷹野龍一


年末のご挨拶

 

 一年間、当ブログをお読み頂き、誠に有り難うございました。特に、何も更新していない時にも、当ブログを覗いて下さった皆様方には、お礼の申しようもございません。

 

 来年も、何卒宜しくお願い申し上げます。どうぞ、良いお年をお迎え下さい。

 

                                      鷹野 龍一


Writer's block

JUGEMテーマ:エッセー・紀行文

 

 先週の土曜日から、まともな夢を見られなくなりました。見ている事は見ているんですが、全て意味のない雑夢ばかりで、今朝は、夢を見ませんでした。

 

 瞑想中の映像や声なども、一切無しです。どうも、人間の脳というのは、無意識からのメッセージを受け取るのにかなりエネルギーを消費しているようで、ぶっ続けで受信するのは、無理みたいです。脳が、

 

 「悪いけど、ちょっと休ませてくれ。」

 

と言っているようです。

 

 昨日は、Tさんと稽古する予定だったんですが、Tさんの体調不良で稽古も中止になりました。これで、Tさんの夢をお聞きする事も叶いませんでした。

 

 最近は、空手の稽古の方も、邪魔が入ります。A君は、ケガをしたため、ずっと稽古を休んでいたし、Nさんは、奥様が倒れられたため、やはり稽古をキャンセルなさいました。なんか、うまくいってませんね。

 

 ホントは、ある程度のレベルまで教えた後に、空手指導から身を引くつもりでしたが、それも叶わないかもしれません。全ては、大きな流れの中で起きる事ですから、その流れには逆らえません。

 

 この文章を書きながら、眠たくなってきました。もしかしたら、やっと脳が回復して、今度はまともな夢が見られるかもしれません。また、後程、お会いしましょう。

 


新年のご挨拶

 

 新年、明けまして御目出度うございます。本年も宜しくお願い申し上げます。


年末のご挨拶

 今年も、後一時間半弱を残すのみとなりました。結局、今年、大きく状況が変化することは、ありませんでした。それでも、夢や周囲で目にする数字を含めたメッセージは、これから良くなると言うものばかりです。

 

 これから自分の人生がどうなっていくのか、ちょっとヒヤヒヤしながらも、どこかでワクワクしている自分がいます。

 

 何もコメントを頂かなくても、読者の皆様方の暖かい気持ちをいつも感じながら、このブログを書いております。一年間のご愛顧、心より御礼申し上げます。

 

 どうぞ、良いお年をお迎えください。

 

                                 鷹野龍一


Long time no see, everyone !

JUGEMテーマ:精神世界をめぐって

 

 お久しぶりです。大分秋も深まって参りましたが、皆さま如何お過ごしでしょうか?

 

 そろそろ執筆を再開せよとの内側の声が聞こえて来たので、また少しずつ書き始めようかなと考えています。

 

 何をどう書いていくかはまだ決めていません。今は、半分世俗に足を突っ込んでいる身なので、夢見の発展は、今一の状態です。夢は、ほぼ毎日見ていますが、以前のように夢の記録はつけておりません。

 

 その時々の無意識からのメッセージは、しっかりと受け止めておく必要があるので、後で思い出せるように題名と短いサブタイトルだけをつけています。

 

 暫くは、仕事を瞑想化しながら、職場での人生ドラマを透徹した目で眺める日々が続きそうです。有り難い事に、私は、社長から「訳してくれ」と言われたものを只管英語に翻訳するだけの仕事をしているので、周囲に人がいても一人で仕事をしているのと同じ状態です。

 

 夢も、現実世界で毎日目にするメッセージも、「これから状況は良くなっていくから、諦めずに修行を続けるように」と言っていますが、劇的な状況の変化は、まだ訪れていません。この状態だと、あと3年は本格的な修行生活に戻れそうもありませんが、どこでいつどうなるのか分からないのが、人生の面白いところです。

 

 もし、急がねばならないのなら、天がそういう状況を作ってくれるでしょう。結果は見てのお楽しみですね。

 

 また、お会いしましょう。

 

 Good night. C U in our dream!

 

 

 

※この記事のURL:http://koshiki.jugem.jp/?eid=2713

 

 

 


ホームページのご紹介

JUGEMテーマ:スピリチュアル

 

 

 KusukoさんことAさんと立ち上げた夢見の会のホームページです。お気軽にお立ち寄りください。

 

 「ー夢研究 無花果の夢」(http://mukakakai.jimdo.com/news/

 

 

 

※この記事のURL: http://koshiki.jugem.jp/?eid=2709


方向転換

JUGEMテーマ:精神世界をめぐって

 

 

 夢の発展が足踏み状態で、一向に発展する気配を見せないので、今までとは真逆の方向に動いてみることにしました。これはまだ仮説の段階ですが、夢日記をつけたり、それをブログに書いたりしなければ、逆に夢見が発展するんじゃないかと考え始めました。

 

 そう考えるキッカケを与えてくれたのは、つい最近、某所で出会った「夢日記 215  ― 誘う女」(http://koshiki.jugem.jp/?eid=1290)に登場する女優Sさんとソックリな女性です。彼女に出会ったことで、この夢の事を思い出し、そこからの連想でドンファンのカスタネダへの警告を思い出しました。カスタネダが、夢日記をつけ始めたとき、ドンファンは、こう警告します。

 

「何の役にもたちやせん。お前のやっていることは、コントロールと力と言う夢の目的から自分を引き離すことなんだぞ」

                  (『呪師になる』二見書房 カルロス・カスタネダ著)

 

 そうかもしれません。今までは、ブログを更新していないときも、ノートに夢日記をつけてましたが、そうすることで、逆に元型夢の発展を阻害し、明晰夢が見られなくなっていた可能性があります。

 

 というわけで、暫く夏休みを頂き、ドンファンがカスタネダに指示した方向に舵を切って、夢見を完成させたいと思います。また、秋にお会いしましょう。

 

 

 

※この記事のURL: http://koshiki.jugem.jp/?eid=2708

 

 

 

 


profile
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
free counters
sponsored links
links
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM