中間報告 16  ― I'm originally not a nighthawk.

JUGEMテーマ:精神世界をめぐって

 

 ご無沙汰しております。皆様、お元気でお過ごしでしょうか?

 

 今やっているバイトは、深夜勤務なので、かなり疲れが溜まっております。ブログを更新しようと言う意欲が、なかなか湧いて来ません。弟子のNさんのお話によると、深夜12時を過ぎると、肉体的な疲れが二倍になるそうです。

 

 今、私がいる状況は、ちょうど10年前と同じなんですね。(「ヌミノースな世界 39  ― 痣(あざ)」http://koshiki.jugem.jp/?eid=2868「ヌミノースな世界 40  ― ある夏の日の出来事」: http://koshiki.jugem.jp/?eid=2868 参照)

 

 とは言え、あの時ほど状況はひどくありません。夜眠れない仕事をしていると言う点だけを除けば、今いる職場は天国のようなところです。問題は、昼夜転倒の生活をしているせいで、中々いい夢見ができないことです。それでも、やっと体が慣れて来て、少しずつ夢らしい夢を見始めました。

 

 また、少しずつ投稿を再開したいと思います。今から、出勤です。また、お会いしましょう。

 

 

                                            鷹野龍一


中間報告   ― 「現実」という名の神

JUGEMテーマ:精神世界をめぐって

 

 まだまだ暑い日が続いていますが、皆さま如何お過ごしでしょうか?朝夕は、大分過ごし易くなってきましたね。

 

 わたくし、8月に入ってから、かなり落ち込んでました。夢見と瞑想修行から、一時撤退しなければならなくなったと思い込んでいたからです。「もっと必死で修行していれば、資金に余裕があるうちに、修行を完成させる事ができたんじゃないのか?」という自責の念にも駆られていました。

 

 そんなネガティヴな気持ちを抱えたまま一週間が過ぎ、面接日前日の8月7日(日)にTさんの指導を終えて帰っていると、目の前に自転車に乗った中学生が三人ほどいました。一番後ろの男の子が来ていたTシャツには、日本語で、

 

 「努力は必ず報われる。努力はウソをつかない。それがお前の限界か?

 

と書いてありました。一番下には、赤の強調吹き出しの中にこれまた赤い文字で何か文句が書いてありましたが、彼がタスキ掛けにして背負っているバッグが邪魔になってよく見えません。

 

 彼の後ろについて行きながら、彼のバッグが揺れる度に目を凝らして、何とか読み取りました。そこには、

 

 「限界突破!」

 

と書いてありました自分の考えていたことを見透かされた様で、ドキッとしました。彼のTシャツメッセージが読めたので、中学生たちを追い越し、自宅に向かいました。自宅近くの交差点で信号待ちしていると、今度は、

 

 "Keep doing. Everything will turn out for the best."

 

という文句が書かれたTシャツメッセージを目にしました。最後の最後はよくなるから、諦めずにやり続けろと言いたいんでしょうね。

 

 

 私が、外界のメッセージに注目するようになったのは、夢の中で見る象徴的なメッセージと同じものを現実世界でも頻繁に目にするようになったからですが、時々、

 

 「これは、単に自分がメッセージだと思い込んでるだけじゃないのか?」

 

という疑念に駆られる事があります。

 

 特に、ここ一、二ヶ月は、そういう唯物的な考えに逆戻りしそうになる事が何度もありました。しかし、今まで私の身に起きた事をありのままに見ると、そうは結論付けれないと思い直しました。

 

 先月、ポスティングのバイトが終了し、「これは、もう本格的に仕事を探すしかないな。」と思った直後に、

 

 "Take action now."(「今、動け。」)

 

というTシャツメッセージを見て、〔自宅近くで働けて英語力を活かせる仕事〕と言う条件で検索をかけて引っ掛かったのが、今働いている会社です。

 

 決定的だったのは、初出勤の前日と初出勤日に起きた偶然の一致でした。

 

 初出勤日の前日、8月16日火曜日に、Nさんに稽古をつけるためにいつもの公園に向かっていると、交差点で信号待ちしている私の傍に、

 

 "You'll never find a rainbow if you're looking down."

   (「下ばかり向いていると、虹を見つける事はできない。」)

 

という文句が大きな文字で前面スペースいっぱいに書かれたTシャツを着た若い女性が歩いて来ました。中々いい文句だったので、すぐにメモしました。

 

 そして、翌8月17日、初出勤して仕事をしていると、30代半ばの男性が出勤して来ました。彼は、薄いクリーム色のTシャツを着ていました。彼のTシャツにも小さな文字で何か書いてあります。しかし、その後彼は上から制服のジャンパーを着たので、何と書いてあるのかよく見えません。

 

 たまたま彼と二人きりになった時に、彼が私の傍に近づいて来たので、お願いして彼のTシャツに書かれた文句を見せてもらいました。彼のジャンパーの両襟を開いて、その文句を読んだ時、私は思わず笑ってしまいました。そこには、

 

 "You'll never find a rainbow if you're looking down."

 

と書かれていたからです。

 

 ここまで来ると、やはり、この世には何か大きな力が働いていると考えざるを得なくなります。

 

 幸い、週四日、一日5時間働くだけの仕事なので、全体のメッセージ通りに、このまま夢見と瞑想の修行を続ける事に致しました。人生は、神秘に満ちています。また、お会いしましょう。

 

 

 

※この記事のURL: http://koshiki.jugem.jp/?eid=2712

 

 

 

 

 


中間報告   ― 幸運の女神とのキス

JUGEMテーマ:精神世界をめぐって

 

 今朝、風呂場の脱衣所でお互い裸のまま知らない男性と親しく話す夢と美しい白人女性とキスする夢を見ました。

 

 前半の夢は、これから知り合う或いは一緒に仕事をする人たちとは飾らない本音の付き合いができるという意味だと解釈しました。後半は、幸運の訪れを予感させるものでした。

 

 で、前回ご報告したように、本日の午後に面接に行きました。

 

 応接室に通されると、目の前に沢山の履歴書と職務経歴書がありました。私以外の応募者は、皆女性で、どの職務経歴書にも「中国語が話せます。」とか「英語が話せます。」という文句が書いてあります。

 

 「これは、考えが甘かったかな?」

 

と思っていると、温厚そうな70代の男性が入って来ました。この会社の社長さんです。

 

 私は英語と中国語のパンフレットを渡されて、訳すように言われました。私が、それを訳すと、社長さんは、

 

 「はい、その通りです。」

 

と仰り、私の職務経歴について、二、三質問をなさいました。そして、

 

 「採用です。いつから働いてもらいましょうか?」

 

とあっさり私の採用が決定いたしました。あんまりあっさり決まってしまったので、私を採用するとお決めになった理由を伺いました。

 

 「ここは、男性ばかり職場なので、女性を採用するとなると、トイレを別に増設しないといけません。それに、応募して来られた方は、殆どが、中国で生まれて日本に留学してきたような方ばかりで、英語が話せないんですよ。逆に、英語が話せる方は、中国語が話せません。両方できるっていう人は、中々いないんですね。」

 

 まさに、「言語は身を助く」(http://koshiki.jugem.jp/?eid=89)ですね。今日は、つくづく、

 

 「英語を勉強しててホントによかった。中国で生活しててホントによかった。」

 

と思いました。人生、こういう逆転劇があるから面白いんですね。あ、そうそう。危うく書き忘れるところでした。社長さんは、最後に私の履歴書と職務経歴書をつくづくとお眺めになって、

 

 「それにしても、随分変わった経歴をお持ちですねえ。」

 

と仰いました。それは、重々自覚しております。(>_<)

 

 また、お会いしましょう。

 

 

 

※この記事のURL: http://koshiki.jugem.jp/?eid=2711


中間報告   ― 幸運の前兆

JUGEMテーマ:瞑想

 

 お久しぶりです。皆さん、お元気でお過ごしでしょうか?鷹野龍一です。

 

 ここ二ヶ月は、ホントにお金が無かったですね。空手の月謝を前払いしてもらったり、ポスティングのバイトをしたり、友人にお金を借りたりして、何とか凌いできましたが、経済的にはもう限界のようです。

 

 現在、銀行口座には、14円しか残っていません。

 

 節約するために、昼食のレベルを落としてましたが、これをやったために脳に充分な栄養が行かず、セロトニン不足で不安や心配をコントロールする事ができなくなってしまいました。平常心を失うと碌な事にならないので、今はちゃんと食べてます。

 

 経済的には最低の状態ですが、意識はかなり進歩しました。空手を教えているNさんにも、夢見を教えているAさんにも、

 

 「先生、雰囲気が変わられましたね。」

 

と言われました。全てを捨てて修行していたと思っていましたが、まだたくさんの荷物を背負っていた事に気付いたので、それを全て捨て去りました。こういう極限状況に陥らないと、気付けない事ってあるんですね。

 

 現在の窮乏状況と反比例するように、夢や外界からの幸先のいいメッセージは増えています。

 

 夢の中や現実世界で失くした物を見つけたり、ずっと会ってなかった人にバッタリ遭遇したり、真っ裸になってから服を着る夢や硬貨がギッシリ詰まった財布を拾う夢を見たり、ラッキーなエンジェルナンバーを見たりします。

 

 特に顕著だったのが、数字です。「80−08」というカーナンバーを今月の25日(月)に三回も見てから昨日まで、毎日このカーナンバーを目撃しました。それも、普通の目撃の仕方ではなく、横から角を曲がってきたり、横断歩道を渡っている時に反対側から走って来る最初の車などのナンバーがこれなんですね。ここまで、同じナンバーを絶妙なタイミングで見せ続けられると妙な気持ちになって来ます。

 

 調べてみたところ、このナンバーは、

 

 「あなたをより豊かにするために神がサポートしてくれてます。」

 

という意味だそうです。ホントに、そんな気になってきました。単なる思い込みかも知れませんが・・・・・・

 

 私、空手の指導をするときは、いつも爪切りを持参します。爪が伸びていると非常に危険だからです。その大切な爪切りを一か月ほど前に失くしてしまいました。ところが、昨日、公園の芝生に敷いたレジャーシートに座ってTさんと合気の稽古を始めたとき、お尻の下に何かが当たったのでシートの下からそれを取り出すと、何とその爪切りだったのです。

 

 幸先のいい出来事に気を良くして帰って来ると、求人に応募していた会社から面接の通知が来てました。面接まで漕ぎ着けたのは、この会社が初めてです。英語と中国語が活かせる仕事で、勤務時間や勤務日数も融通が利くようなので、この会社で働いてもいいかなと思っています。後二ヶ月あれば夢見と瞑想修行を完成できそうなんですが、仕方がありません。食べて行かなくちゃいけませんからね。

 

 面接を受けてダメだった場合は、頭を切り替えて、人にお金を借りてでも修行を完結することにします。幸い、私の窮状に同情してくれた親友のカークが、「10万か20万なら、融通できると思うよ。」と言ってくれているので、その点はあまり心配していません。問題は、彼のフィアンセが相続した莫大な遺産の清算に一か月ほどかかることです。ま、全てタイミングですね。

 

 あ、そうそう。危うく書き忘れるところでした。ほとんど更新してないにもかかわらず、22日(金)のアクセス数は、722でした。こんな私でもまだ応援して下さる方々がいらっしゃるのは、誠に有り難いことです。谢谢您们的好意!m(__)m

 

 

 さて、私の人生は、これからどうなるでしょうか?結果は見てのお楽しみですね。

 

 また、お会いしましょう。

 

 

※先ほど、中国で取った弟子のL君に面接が決まったことを報告すると、「面接はいつですか?」と聞かれました。「8月8日」だと答えると、L君から「88と言うのは、中国では縁起のいい数字です。八=baが、『大金を儲ける』という意味の发财fa'caiの『发=fa』とよく似た発音だからです。先生、その会社に入った方がいいと思いますよ。」と言われました。

 

 L君に言われるまで、その事に気付いていませんでした。それ以前に見た「80−08」とも通じる数字なので、縁起を担いでこの会社で働いてみる事にしました。もちろん、採用してくれればの話ですが、L君のお陰で迷いはなくなりました。

 

 

 

 

※この記事のuRL:http://koshiki.jugem.jp/?eid=2710

 

 

 


中間報告   ― 猫瞑想

JUGEMテーマ:瞑想

 皆様、お久しぶりです。お元気でお過ごしでしょうか?

 先ほど、「思索ノート 150」をアップいたしました。ずっと記事を書かなかったのは、意図的にそうしたわけではなく、執筆意欲が全く湧かなかったためです。

 他の方はどうかわかりませんが、私の頭は、日照時間が少ないと、あまり働かないようです。今年の冬は、例年に比べると、極端に寒く日照時間が少なかったように感じます。

 幸い、今日は、厚着をしていると暑く感じるほど暖かく、晴れ間も多かったので、ホントに久しぶりに何か書いてみようかなという気になりました。

 現在の私は、経済的にはギリギリで、精神的にはかなり救われているという至極矛盾した状態にいます。瞑想と夢見修行は、一月いっぱいでケリをつけるつもりでしたが、結局悟ることはできず、夢見も停滞したままで終わりました。

 かと言って、全く成果がなかったわけではなく、禅の十牛図で言うところの「牧牛」のレベルから「騎馬帰家」のレベルに到りつつあります。

 今まで自分を苦しめていたエゴの正体に気づき、それを手なずけている最中ということです。暴れ牛は、大分オトナシクなってきました。今月いっぱいラストスパートをかけて、瞑想を深めるつもりですが、それをやっても何も事態が変化しなければ、清掃や倉庫管理などの仕事を探すつもりではいます。ただ、夢は、

 「そんなところに行っても、あなたの仕事はないよ。」

と警告します。

 ユングやエックハルト・トール師は、内面の葛藤を解消できれば、外界との矛盾は緩和されると言った意味のことを言ってますが、もしかしたら、彼らの言う通りになるのかもしれません。成新会合氣道の成田新十郎先生も、同様のことを仰ってますね。

 内面の調整さえ出来れば、外界の状況は、自然に調整されると言うのが、お三方の主張です。

 大きな賭けですが、行けるところまで行ってみたいと思います。

 
 話は変わりますが、この二、三週間は、太陽からエネルギーをもらうことができなかったので、猫をお腹に抱いて瞑想しておりました。猫の生体エネルギーが、丹田に入って来たおかげで、冬季鬱病になることもなくポジティヴに過ごせました。アニマルセラピーの応用ですね。猫を飼っていらっしゃる方は、是非一度お試し下さい。猫から、元気をもらえますよ。

 また、このサイバー・スペースでお会いしましょう。



※この記事のURL: http://koshiki.jugem.jp/?eid=2565


 

中間報告   ― スピリチュアル・カウンセラー

JUGEMテーマ:瞑想

 今年は、1月10日が旧暦の12月1日だったそうで、10日過ぎから昨日までの修行生活は、文字通り「臘八大接心」になりました。もちろん、私にとっては、これで終わりではなく、これ以後も瞑想生活は続きます。

 日本中の禅寺で、大接心が始まった頃、一つの印象深い夢を見ました。夢の中で、私の将来とこれからの修行のあり方について、ある女性カウンセラーから、大変有効なアドヴァイスを与えてもらったのです。そして、カウンセラーのオフィスから帰宅し、彼女に電話して、

 「この夢をブログに発表していいですか?」

と尋ねました。彼女はあまり色よい返事をくれませんでした。どうやら、発表してしまうと、将来起こるべき事柄が、起きなくなってしまうようです。未来の事に関しては、それが実現するまでは秘密にしておく必要があるという事でしょうね。「マスターの教え」(飛鳥新社)の通りですね。今まで、何度も「もうすぐ運命が開けるよ。」という意味合いの象徴夢を見ていたのに、それが実現しなかったのは、それが実現する前に、私がここでそれらを発表していたからだったのかも知れません。

 それで、象徴夢は、全てにケリがついてから発表することにいたしました。かなり面白い内容だったので、ホントは、発表したくて堪らないんですけど、我慢することにします。

 その代わり、瞑想生活を更に徹底させて、元型夢を発表できるように頑張りたいと思います。

 今も、ギリギリのところでやってますが、気さえ抜かなければ、多分大丈夫でしょう。「何とか、行けそうだ。」という確信めいたモノが自分の中にあります。何の根拠もないんですが、こういうのは理屈じゃありませんからね。

 また、お会いしましょう。



※この記事のURL: http://koshiki.jugem.jp/?eid=2561

 

中間報告 

 JUGEMテーマ:瞑想


 最近は、不眠状態が続き、中々寝付けません。10時か、遅くとも11時には、床に就くんですが、ちょっとウトウトしたかと思うと、すぐに目が爛々と冴えて来ます。

 仕方がないので、起きて瞑想したり、ブログを書いたりしています。

 通常、一週間くらいで、この状態は終わりますが、この不眠期間中には、元型夢は殆ど発展しないようです。

 見る事ができるのは、象徴夢と象徴夢的予知夢と雑夢くらいのもんです。

 なんか、我ながら、夢に躍動感が欠けてるのが、よく分かり、些か欲求不満気味です。

 まあ、ぼやいても仕方がありません。これも、体の自然なサイクルの一部なので、受け入れて、静かに時が過ぎるのを待つだけです。

 わたくしの夢見の発展とその完成を楽しみにして下さっている読者の皆様には、真に申し訳なく思っております。不眠状態から抜け次第、夢見の完成に邁進する所存です。

小L来了。

 本日、中国で取った弟子のL君が、福岡に留学してきました。

 地下鉄室見駅前で再会し、夕食をともにしました。久し振りに会った彼は、一年2ヶ月前に別れたときより、些か太めになっているように見えました。本人曰く、「これでも、4キロ痩せたんです。」とのことですが、どう見ても、90キロ近くありそうな体になっていて、私の住居がある鷲尾山を上り下りしたときは、息も切れ気味でした。

 仕事が忙しくて、鍛錬もあまりやっていなかったようです。

 彼は、大学院への進学も視野に入れているので、来日前は、TOEFL(英語)の勉強ばかりしていたとのことで、日本語もかなり劣化していました。

 文武両面で鍛え直してやる必要があるようです。

 L君は、「しょっちゅうお邪魔しますので。」と言っていたので、これで、少し隠遁生活の孤独感を紛らすことができるようになります。もっとも、この事でせっかく軌道に乗り始めた修行を疎かにするつもりはありません。

 それでも、新たな弟子のUさんとL君の登場により、私の生活は無味乾燥な隠遁生活から、些か彩りのあるものに変化し始めました。



 人生は、演劇のようです。その人の人生舞台への新たな人物の登場により、舞台で演じられる人生ドラマが、全く予測のつかない方向へ流れ始めます。人間というのは、自分の自由意志で動いている積りでも、自分自身が運命の流れを決める重要な役を演じている事には、気づかないものです。

 私の人生ドラマへの新たな登場人物は、まだ増えそうな予感があります。さて、これから、どういう流れが生まれていくのでしょうか?

 その行方を知っているのは、天にいる脚本家だけでしょう。
 


中間報告 

 諸般の事情により、母方の祖母の土地売買の手続きが遅々として進まず、まとまった現金を手にする事ができなかったので、止むなく、先月よりバイトを始めました。

 8月は、夜中の清掃の仕事をやりました。こちらは、夜眠れないので、すぐに辞めました。ただ、有り難いことに、この仕事は給料を日当でもらう事ができたので、何とか急場を凌ぐことができました。

 今月からは、博多港で、バナナの積み下ろしをやっています。こちらは、昼間の仕事とはいえ、かなりハードです。

 だだっ広い倉庫の中で、一箱20キロ程度の重さのダンボールを一山500箱程度に積み上げて、固定していく作業が、朝から夕方まで、一時間の昼休みを挟んで延々と続きます。月4,5万もあれば、何とか生活できるので、週三日ほど一日おきに働いています。



 司法書士さんの話によると、今月末か、来月初めには決済できるとの事なので、もう少しの辛抱ですね。最近丹田がとみに充実し始めたお陰で、40代半ばでバナナの積み下ろしをしていた時よりも、かなり楽に肉体労働に励む事ができます。思わぬところで、修行の成果を確認できたのは、不幸中の幸いですね。

 上記のような事情で、更新もままならない状況ですが、土地売買の決済が終わり次第、すぐに元の修行生活に戻り、精力的に更新していくつもりです。


中間報告 

 毎日、暑いですねー。昨日も暑かったですねー。今日も暑いですねー。明日も、暑いでしょうねー。こう毎日暑いと、ホントにウンザリしてしまいます。(ーー;)

 そんな暑い日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?私、些か夏バテ気味です。今年は、去年より、かなり暑く感じますね。弟子のA君の話によると、東京から来た彼の知り合いは、福岡が、東京に比べるとかなり暑かったのでビックリしていたとのことでした。やっぱり、関東に比べると、九州は暑いんでしょうね。

 今日は、久し振りに、西区の端にある山に水を汲みに行きました。水をペットボトルに入れて、自転車に乗って鷲尾山にあるアパートまで帰って来ると、階段下の門柱の上に、丸々と肥えた虎ネコがドカッと横になっていました。

 鷲尾山の猫たちは、警戒心の強いネコが多く、人間が近づいていくと大抵は、逃げていくんですが、この猫は私が近づいても、逃げませんでした。むしろ、私をジッと見詰めて、

 「ニャー」

と声をかけてきました。私も、

 「にゃー」

と答えました。買い物に行かねばならなかったので、ペットボトルを部屋に置いてから、また階段を降りてくると、その虎ネコは、まだ門柱の上にいました。

 私が、近づくと、彼(彼女?)は、起き上がって、私に唇を突き出してきました。私は、その虎ネコとチューをしました。鷲尾山に引越してきてから、初めてネコと交わしたキスでした。

 最近、怒りをコントロールするために、自分が虎とキスしている映像を心に描いていたので、ちょっと不思議な気持ちになりました。人生は、神秘に満ちてますね。

 また、お会いしましょう。

 Good night. C U  in our dream !

 





 


profile
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
free counters
sponsored links
links
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM