よく分からない夢 2

JUGEMテーマ:スピリチュアル


 まず、次の文章をお読み下さい。

 「・・・夢の中ですばらしい異性にめぐり会いたいと思ったら、現実生活では、異性の友達を
  持たないことだ。セックスの夢を楽しみたければ、相手がいても実際にセックスしないこと
  だ。あるいは、自慰などしないことだ。夢の中でどこかへ行ったり、すばらしい世界に遊
  びたければ、現実にはどこへも行かずにひとり部屋の中で悶々としていたほうがよい。

   つまり、強烈な欲望をどんどんつのらせ、ただひたすら夢に期待するのだ。できれば
  ヒマな時間は友だちなどとムダなオシャベリなどしないでもっぱら瞑想と居眠りに当てると
  よい。

   これは、いわゆる肉体的、精神的渇望感を逆手にとったテクニックである。それゆえ、
  人づきあいがよく、日々いろいろ楽しいことがある人は、あまりうまくいかないかもしれな
  い。筆者も、この方法が最もうまくできたのは、肉体的、経済的に一番落ち込んでいた
  時期で、金なし、力なし、女なしの逆境が、夜見る夢の中では、全く反対のものとして現
  れてきたのである。」 (高藤聡一郎・山梨賢一共著「あなたを変える夢見術入門」学研)


 私は、高藤先生のように落ち込んでいるわけではありませんが、この時の先生と同様にシビアで孤独な環境にいることは確かです。こういう状況で、つい二日前までは、お金に関する夢ばかり見ていました。全部発表すると、同じ様な夢ばかりを記述することになり、読者の皆様が飽きられるかと思い、その一部しか発表しておりませんが・・・・・・

 昨日と今日は、セクシーな女性が、何度も夢やヴィジョンの中に出て来ました。そして、今朝は、どの範疇の夢なのか判断のつかない夢を見ました。

 新幹線に乗り込むと、車内に魅力的な中年女性がいます。彼女と誰もいないところで話そうと、私は彼女を誘って後の車両に歩いていきます。後の車両の中を歩いているうちに、車内が旅館のような建物の内部に変わり、板間の廊下を右に曲がります。

 廊下には、乱雑に衣類や寝具が散らばっており、その中に泥酔した若い女性が横になっています。私と中年女性は、彼女を無視して、廊下の左側にある和室に入ります。

 ここまできたら、問答無用でこの中年女性と情を交わすだけです。服を脱がすと、彼女の脚には男のような剛毛が生えています。すっかり興ざめした私が、「毛ぐらい剃っておけよ。」と文句を言った瞬間、彼女の足はキレイに脱毛されて、彼女自身も若い女性に変身します。後は、彼女と心行くまで愛し合うだけです。

 しかし、廊下の女性が寂しそうな顔をしていたのを思い出したので、廊下に顔を出して、彼女を手招きしました。すると、彼女は、嬉しそうに部屋の中に入ってきました。

 私は、先に裸になって布団に入っている二人の前で、一枚一枚服を脱いでいきます。彼女達は、それを笑いながら見ています。全ての服を脱いで、布団に入り、まず左側に寝ている元中年女性の方と抱き合いキスします。右側の女性も構ってやるべきだと感じたので、彼女の乳房に手を当てたところで、目が覚めました。

 良い子の皆さんには、絶対読ませられないエロチックな夢を見てしまいましたが、これはどの範疇に属する夢なんでしょうか?全体的に雑な印象を受けますが、はっきり雑夢だとも言い切れません。

 新幹線に乗ったのは、修行が急ピッチで進み始めた事を意味しているんでしょうし、中年女性の足に生えた男の体毛のような脛と腿の毛が抜けて、女性が若返ったのは、私が肉体的にも精神的にも若返り、女性エネルギーを取り込み始めたことを象徴しているように思えます。

 しかし、完全に象徴夢かと言うと、そうでもなく、彼女達の体に触れた感覚は、生身の女性に触れたときとかなり近い感覚があったので、明晰夢に近い夢にも思えます。かと言って、正真正銘の明晰夢ほどの生々しい現実感はありませんでした。


 そして、昼寝した時に見たのは、高層ビルの屋上にあるペントハウスの非常階段を昇って行くというものでした。非常階段は、ビルの表側についていて、しかも手すりが無いので、かなり怖い思いをしました。これも、朝の夢と同様、象徴夢なのか、明晰夢なのか区別がつかない夢でした。
 
 無意識というのは、意識が全く予想していない、或いは全く予想できないイメージを意識に与え続けるもののようです。


よく分からない夢 1

JUGEMテーマ:スピリチュアル


 朝方から昼にかけて、どの範疇に入れていいのか分からない夢を三つほど見ました。

 朝見た夢は、自転車で大きなビルの前に行くと、若作りしたセクシーな中年女性が立っていて、「ずっと、待ってましたよ。」と言って出迎えてくれる夢でした。どうも、私は、そのビル内で仕事をすることになっているようでした。初めは、自転車を駐輪する場所がないように見えましたが、よく見ると、駐車場の一角に駐輪場があったので、そこに自転車をとめて鍵をかけました。



 なんか、仕事をすることになるんでしょうか?予知夢とも、象徴夢とも解釈できる夢です。


 昼見た一つ目の夢は、女優の松嶋菜々子さんが出てきて、「あなたは、もっと自分の考えを世の中に広めるべきよ。」と私に忠告するというモノでした。

 人の注目を集めるのは、私の本意ではなく、細々とブログで意見を発表できれば、それでいいと考えていたので、こういう夢を見たのかもしれません。広めるべきだと言われても、これは世の中が決めることなので、私にはどうにもできないとは思うんですが・・・・・・

 これは、どういう範疇に入る夢でしょうか?忠告夢とでも名づけるべきモノかもしれませんね。


 二つ目の夢は、設備管理の仕事が終わり、帰宅の準備をするために控え室に行くと、なぜかUSA大山空手の最高師範、大山茂先生が作業用のジャンパーを着て立っていらっしゃり、「お疲れ様」と優しく私の労をねぎらって下さるというモノでした。

 これも、どの範疇に入る夢なのか、そして何を表しているのかもよく分からない夢です。ただ、夢の中で、「一見、怖そうに見えるけど、優しい人なんだな。」と思ったので、そういう人と出会うという事なのか、或いは、松嶋さんも、大山先生も有名な方なので、名声と関係が有るのかもしれません。個人的には、有名になんかなりたくないんですが、これも世間様が決めることですね。


 
 

profile
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
free counters
sponsored links
links
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM