予知夢 28  ― 再会

JUGEMテーマ:スピリチュアル

 

 今年の春に、翔君の奥方と偶然道で会いました。その時、彼女から二人目の子供がお腹にいることを教えてもらいました。で、先月翔君から、携帯にメールが入り、翔君の誕生日と同じ日に二人目のお嬢さんが生まれたという知らせが入りました。

 

 そして、12月初めに次のような夢を見ました。

 

 

 ある日、道で翔君の奥方と偶然出会う。奥方は、翔君に電話をかけて、

 

 「今、鷹野さんと会ったのよ。」

 

と話している。多分、翔君は、それを聞いて喜んでるだろうと思う。

 

 

 超多忙な生活を送っていたせいでしょうか?わたくし、この夢を今日の今日まで、現実で起きたことだと思い込んでました。ところが、今日、仕事中に翔君のマンションの前を偶然通った時、これまた偶然にマンションの中から出て来た奥方と再会したんですね。あまりの偶然に二人とも驚いたんですが、それから彼女は、翔君に電話して、

 

 「今からコンビニに行くね。それから、今、偶然鷹野さんに会ったのよ。」

 

と言いました。彼女のこの言葉を聞いたとき、「あれ、これ前にも同じことがあったような。」と思ったんですね。彼女が出産した後に彼女と会うのはこれが初めてなのか二度目なのかが分からなくなった私は、後で彼女に「二人目が産まれてから、俺と会ったのは、今日が初めてかね?」と確認メールを入れたところ、「そうですよ」と言う返事がかえって来ました。これで、自分が現実の世界で起きたことだと思い込んでいた彼女との再会は、かなり正確な予知夢だったと分かりました。

 

 ここまで正確な予知夢は、久しぶりに見たような気がします。


予知夢 27  ― 新たな出会い

JUGEMテーマ:スピリチュアル

 

 大学の図書館で、日本語を教えていた男女の学生たちと話している。彼らは、本棚を背にして床に足を投げ出して座りリラックスした雰囲気で私に話しかけてくる。話題は、私がまだ独身生活を送っていることである。

 

 「先生は、どうして結婚しませんか?」

 

 「結婚したくても、相手がいないんだよ。」

 

 「もうすぐ、先生は運命の人と出会います。」

 

 

 夢は、ここで終わりです。実にシンプルなメッセージですね。正直申し上げて、今は自分のことで精いっぱいで結婚どころの騒ぎじゃないんですが、人と出会いが自分の運命を大きく変えたこともあるので、ソウルメイトとの出会いがそういう展開に結び付くのなら、心をオープンにして出会いが訪れるのを待ってもいいかなとも考えています。

 

 最近、道を歩いていて、全く知らない女性と目が合い、微笑みを交わすことが多くなって来ました。今までは、こういうことはあまりなかったので、これも予兆のように思えます。


予知夢 26  − 双子

JUGEMテーマ:スピリチュアル

 

 

 本ブログの共同執筆者だった翔君の奥方が、双子の女の子を出産する。

 

 

 これは、私が2012年に中国から帰国した夏、住む家もなく山の中でテントを張って暮らしていた時に見た夢です。

 

 この夢を見たとき、二人はまだ結婚式も挙げていませんでした。実に単純な内容の夢だったので、二人のところに双子の女の子が生まれるか、或いは、双子のようにそっくりな姉妹が生まれるという意味だと解釈しました。

 

 翌年、翔君の奥方が、女の子を一人出産しました。そして、つい先日久しぶりに翔君から連絡が入り、女の子が生まれたことを知らせてくれました。奥方の話によると、新生児は、お姉ちゃんと顔がソックリだとのことなので、私が見た夢の内容は正確だったのだと確認することができました。

 

 半年以上停滞状態が続いていたせいで、最近、無意識からのメッセージを信じ切れなくなっていたので、翔君の娘さんの誕生は、私の不信感を拭い去ってくれました。

 

 少しずつ、状況が変化し始めたように感じています。また、お会いしましょう。


予知夢 25  ― 新入会員

JUGEMテーマ:スピリチュアル

 

 空手拳法の稽古をつけている。今日は、私、Nさん、Tさん、それに知らない日本人男性と中年の白人男性の計5人での稽古である。しかし、新弟子の二人は、まだ基礎すらできておらず、あまりにレベルが違い過ぎるので、私が同時指導することは出来ない。

 

 仕方がないので、二人の面倒は、黒帯のNさんにお任せして、私は、Tさんを指導することにした。

 

 

 これを予知夢として発表するのは、些か勇気が要りました。しかし、どう考えても、象徴夢とも思えないし、ましてや元型夢などではないので、予知夢として発表する事にしました。近いうちに、新人が入会すると言うことでしょう。どうなるか、様子を見てみたいと思います。

 

 

 

※この記事のURL: http://koshiki.jugem.jp/?eid=3036

 

 


予知夢 24  ― 結婚

JUGEMテーマ:スピリチュアル

 

 (弟子のA君の奥方が見た夢です。)

 

 夢の中に知り合いの女の子が出て来て、

 

 「私、結婚しました。」

 

私に告げる。

 

 

 奥方がこの夢を見た翌日、A君夫妻は、別の知り合いからこの女の子が結婚したことを知らされました。これは、正確に言うと、予知でもないですね。その女の子は、既に結婚していたわけですから。

 

 これは、予知夢というよりも、テレパシー夢と呼んだ方が正確かも知れません。ともかく、こういう事象が、日常的に起きていると言う事が、重要ですね。仕事や生活の忙しさに紛れて、こういう事象を無視しないように気をつけねばなりません。

 

 

※この記事のURL: http://koshiki.jugem.jp/?eid=2873


予知夢 23  ― ソウルメイト

JUGEMテーマ:スピリチュアル

 学校の教室で、大人同士が会議をしている。しばらく話し合い、満場一致で議決したので、全員で四本締めをすることになる。

 会議には、アジア人ばかりでなく、欧米の人たちもいたので、

 「え、外国人もいるのに手締めなんて。それも四本って?」

と面食らっていると、手締めが始まり、二回締めたところで、突然、ウェディングマーチが鳴り出し、白いカーテンが掛かっている前の出入り口から、誰かが入って来ようとする。



 本能的に、将来出会うソウルメイトがカーテンの後ろにいると分かりました。話し合いをしている人たちの人種構成と洋の東西の仕来りの混交は、東洋と西洋の融合を象徴しています。四本締めは、非常に例外的な事柄や状況を通じて、彼女と私が出会うことを象徴していると思われます。



※この記事のURL: http://koshiki.jugem.jp/?eid=2527


 

予知夢 22  ― 百元札

JUGEMテーマ:スピリチュアル

 中年の太った女性が、私に百元札を一枚くれる。彼女の手の中には、百元の札束があり、必要があれば、その中からまたお金を融通してもらえそうである。


 前回の予知夢に引き続き、またお金の夢を見ました。最近は、雑夢ばかり見ていましたが、雑夢ながら、夢の中に紙幣や貨幣が登場する事が少なからずありました。

 本来自分が歩むべき道を歩んでいれば、経済的な事は、全体が面倒を見てくれるという事でしょう。



※この記事のURL: http://koshiki.jugem.jp/?eid=2323

予知夢 21  ― お金

JUGEMテーマ:スピリチュアル

 私の膝掛けの上で、トラ猫君が眠っている。その横には、何故か、大きな銀貨のようなものが、何枚か落ちている。目には見えなかったが、すぐ傍には、お札も何枚かある。誰かが、私にお金を贈ってくれたようだ。


 以前見た「夢日記 204  ―不思議な贈り物」(http://koshiki.jugem.jp/?eid=1272)や「夢日記 210  ―お年玉」(http://koshiki.jugem.jp/?eid=1281)などと同じ系列の夢なので、予知夢だと判断しました。これらの夢を見た翌年に、母方の祖母の家が売れて、2,3年働かずに、修行に専念できる生活費を手に入れる事ができました。今回は、どういう経路で、お金が入って来るのか、楽しみにしています。

 トラ猫君は、私が心を硬くせずに修行生活を送れるように、全体が私に贈ってくれた存在なので、これから贈られてくる生活費とともに夢に登場したのだと思われます。



※この記事のURL: http://koshiki.jugem.jp/?eid=2299

予知夢 20  ― 水上歩行&逆転ホームラン

JUGEMテーマ:スピリチュアル


(朝見た夢)
 津波が街中まで押し寄せ、水嵩が増して、10階建てのビルの屋上近くまで水位が上がって来る。私は、屋上から山のように大きくうねっている水面の上を歩いて、水のないところまで移動する。

(先ほど見た夢)
 テレビの野球中継を見ている。弱小球団の外国人選手が、9回裏に逆転大ホームランを打つ。解説者も、あまりの痛快さに大笑いしている。


 それまで、どうしてもできなかった事ができるようになる直前に、水上歩行の夢や宙返りをする夢を見ます。例えば、それまで出来なかった武道の技が出来るようになる直前や、それまで話せなかった外国語が、流暢に話せるようになる直前に、こういう夢を見ます。

 また、絶対絶命の窮地に陥った時、急転直下で運命が開ける直前に、逆転ホームランの夢を見ます。例えば、失業して貯金を使い果たし、どうしようかと不安に苛まれている時、全く期待していなかった採用通知が来る直前に、この夢を見ます。(夢見修行のための資金が、底を突き始めました。現在の貯金は、71万円程度しかありません。)

 心配し過ぎると、健康にも良くないし、そういう未来を引き寄せてしまうので、今は、上手に心をコントロールして、ネガティヴな想念に取り憑かれないように努めています。

 さて、私の人生は、これからどうなるでしょうか?



※この記事のURL: http://koshiki.jugem.jp/?eid=2283

予知夢 19  ― 新弟子たち

JUGEMテーマ:スピリチュアル


 A君の新宅に訪ねる。彼の家は、昔の農家風の大きな屋敷である。用事が済んだので、玄関の土間から帰ろうとすると、A君を通じて知り合った若者たちが、家の内外から、私と話すためにやってくる。

 彼らは、私に弟子入りしたいようだ。皆、性格のよさうな若者だったので、好印象を持つ。弟子入りを許すかどうかは、一人ひとりとゆっくり話をしてから決めることにして、A君宅を辞す。

 表に出て、左に向かって歩いていこうとすると、A君の弟子たちが、路上で拳法を稽古している。彼らの邪魔をしたくないので、斜め右側の空き地に向かって歩こうとする。空き地にも数人の若者たちがいて、私に近づいてくる。


profile
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
free counters
sponsored links
links
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM