<< Message 6  ― 天翔る龍 | main | 元型夢 72  ― ジャガイモ >>

They say, "Imitation is the sincerest form of flattery.", but,,,

JUGEMテーマ:空手道


 久し振りに再会した昔の生徒に勧められて、ある空手師範の動画を見ました。その生徒が、「かなり凄い先生ですよ。一見の価値はあります。」と絶賛するので、どんな凄い人かと思い、見てみましたが、ガッカリしただけでした。

 確かに、彼のやっていた派手なパーフォーマンスは、それなりのレベルでしたが、どのパーフォーマンスも全て誰かの猿真似にしか過ぎないものだったからです。

 彼のやって見せていた事は、(イ)のパーフォーマンスはA先生の、(ロ)のパーフォーマンスはB先生の、(ハ)のパーフォーマンスはC先生の真似だとすぐに分かるシロモノでしかありませんでした。

 今は、インターネットが発達しているので、色んな先生方の演武や指導風景を動画で自由に見ることが出来ます。おかげで、わざわざ他の道場に行って見学したり、DVDなどを購入したりしなくても、色々な武道の技を研究する事もできるようになりました。

 それは、それでいいことだと思います。かく言う私も、色んな先生方の動きを参考にさせてもらったり、盗ませてもらったりしています。

 でも、それを人前で見せようとは思いません。元々、自分の技を公開する積りはありませんが、もし公開するなら、盗んだものをそのままの形で公開したりはしません。そんな事をすれば、誰のマネをしているのか、すぐにバレてしまい、恥を晒すだけだからです。

 この空手師範は、自信がないんでしょうかね?この場合、「自信がない」というのは、自分の個性を信じていないという意味です。

 確かに、私も他の先生の技を見て研究し、同じことをやれるようになった事はあります。でも、全く同じには、なりません。私には、私の曲げがたい個性があるからです。私は、他人から技を盗む事はあっても、それを元々存在していた自分のシステムの中に上手に取り込んで、自分独自のモノに変えてしまいます。或いは、それを一つのエレメントとして使用し、新たなシステムを作り上げるようにしています。そうじゃないと、上記の空手師範のように、単なる猿真似に終ってしまうからです。

 最近、こういう人真似をする武道家が、増えてきましたね。かつて、Mr.マリックが持てはやされた頃に、マリックもどきのマジシャンたちが、雨後の竹の子のように次から次に出て来たのと同じ現象ですね。今は、セロもどきのマジシャンが増えているようです。

 話を元に戻します。この師範が、真似していたパーフォーマンスは、全部人目を引く派手なものばかりでした。日本が、まだ不況から完全に脱していない現状では、道場経営も厳しいんでしょうね。お弟子さんを集めるためには、たとえ人真似と誹られようと、なりふり構わず派手なパーフォーマンスをする必要が、あるのかもしれません。安易に、彼を批判する事ができない事もよく分かります。分かりますが、やっぱり、釈然としない思いは残りますね。
  
 地味でもいいから、自分独自の空手を創り上げて欲しいもんです。


※この記事のURL: http://koshiki.jugem.jp/?eid=1483


スポンサーサイト

  • 2019.11.05 Tuesday
  • -
  • 21:46
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
profile
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
free counters
sponsored links
links
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM