<< 象徴夢 218  ― ギアチェンジ | main | 警告夢 24  ― 食事会兼面接 >>

元型夢 197  ― 頭蓋穿孔手術

JUGEMテーマ:

 手術室で、手術を受けている。手術の担当外科医は、私の眉間のすぐ上に、手回しドリルのような穿孔器で穴を開ける。私は、自分の頭蓋骨にゴリゴリと穴が開けられながらも、不思議と痛みは感じない。ただ、手術部分に穴が開いていく感覚があるだけである。

 穴が完全に開いたところで、担当外科医が、

 「そろそろ、昼だな。ランチにしよう。出前を取るから、みんな食べたい物を言ってくれ。」

と手術スタッフに向かって尋ね、私にも、

 「鷹野さんは、何になさいますか?」

と尋ねる。私が、


 「レバニラ定食をお願いします。」

と答えると、外科医は、

 「わかりました。」

と答える。小用を足したくなったので、急いでトイレに駆け込む。



 眉間のすぐ上の部分に穴を開けるのは、アジナ・チャクラが開花し始めた事を表しています。一旦手術を休んで、昼食を摂ろうとするのは、チャクラを開花させるためには、エネルギーを取り込む事が必要だと言っているのでしょう。

 最後にトイレに行くのは、単に膀胱に尿が溜まっていたために見た生理的な夢に過ぎません。起きて、すぐトイレに行きましたから。元型夢に生理的な夢が、混じったんですね。



※この記事のURL: http://koshiki.jugem.jp/?eid=2421


 

スポンサーサイト

  • 2020.09.07 Monday
  • -
  • 13:43
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
profile
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
free counters
sponsored links
links
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM