<< Message 43  ― 5731 | main | ?夢 110  ― 他人の部屋 >>

ヌミノースな世界 53  ― 足抜け

JUGEMテーマ:ノンフィクション

 

 中学の時の友人に、木藤と言う男がいた。彼は、普段は大人しかったが、ちょっとしたことがキッカケでキレると手が付けられなくなるところがあった。私も、彼と殴り合いのケンカをしたことがある。

 

 もっとも、それがキッカケでその後は仲のいい友達になったが。

 

 彼は、高校卒業後、板前になった。学生の頃、うちに遊びに来た彼が、料理を作ってくれたことがある。かなり美味かったので、料理人としては、いい腕をしていたのだと思う。

 

 そのまま料理人としての人生を全うしていればよかったものを、彼は、その後、道を誤ってしまう。仕事関係で知り合った暴力団関係者の引きで、ヤクザになってしまったのだ。

 

 だが、組に入って二、三年後には、暴力団に入ってしまったことをひどく後悔していた。元々根は優しい男だったので、暴力的な仕事は性に合わなかったのだろう。私も、何度か相談されたことがあった。もちろん、彼には暴力団を一日も早く辞めるよう何度も勧めたが、「親」に義理があるとかで、中々踏ん切りがつかないようだった。

 

 それから、八年ほど経ったある日、自転車で出勤している時にすれ違った男性が、

 

 「鷹野!」

 

と私を呼び止めた。木藤だった。最後に会った時とは、随分感じが変わっていて、明るい印象だった。

 

 「おお、木藤。あんた、暴力団の件は、どうなった?」

 

と私が問うと、彼は、笑いながら、

 

 「ホラ!」

 

と言って、甲をこちらに向けて、両手を見せた。彼の両手からは、小指がキレイに無くなっていた。

 

 「アッ、指がない!」(^^)

 

 「ワッハッハー!」「ワッハッハー!」(^O^)/

 

 二人して、大爆笑である。本来悲惨であるべき事が、なぜかその時は、ひどく滑稽な事に思えたのだ。たとえ指が無くなっても、ともかく生きてさえいてくれれば、それでいい。

 

 その週の土曜に、二人で会って酒を飲んだ。組を抜ける時、一応のケジメをつけるために、指を詰めることになったと言っていた。

 

 「小指がないと、ドスが握りにくくなるから、小指を詰めるって聞いたけど、ホント?」

 

 「さあ、どうかな?ただ、物は持ちにくくなったね。」

 

 「そうか。今、何の仕事しようと?」

 

 「今は、鉄工所で働いてる。」

 

 「よう就職できたねえ。」

 

 「うん、面接のとき、なるべく小指のところが見えないようにした。」(*^_^*)

 

 「ふーん、でも、ずっと隠し通すことは出来んやろ?」

 

 「うん、時々、若い子たちから、『木藤さん、どうして小指がないんですか?』って聞かれるよ。」

 

 「そうやろうね。で、何て答えると?」

 

 「『うん?まあね。』みたいにごまかす。」

 

 木藤は、暴力団を抜けるのも大変だったようだが、その後の人生も波瀾万丈だったようだ。結婚したが、奥さんと性格が合わず離婚、子供を一人作ったので、その子のためにずっと仕送りをしていた。私と再会した時に勤めていた会社に入る前に働いていた現場で、重機が上から落ちて来て足に重傷を負い、3か月入院、その後退院して出て来ると、お兄さんが自殺した事を兄嫁から聞かされる。どうして、同じ人に次から次へと悪い事ばかりが起きるのかと世の不条理を感じざるを得ないような人生である。

 

 彼は、最後にポツンとこう言った。

 

 「色々あったし、これからも、色々あると思うけど、俺、今は信仰を持ってるから、何とか生きていけるんだ。」

 

 彼は、某宗教団体の信者になっていた。私は、その団体の事をあまり良くは思っていなかったが、彼には何も言わなかった。

 

 

※この記事のURL: http://koshiki.jugem.jp/?eid=2901

 

 

 

 


スポンサーサイト

  • 2020.04.01 Wednesday
  • -
  • 20:53
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
profile
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
free counters
sponsored links
links
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM