<< カルト | main | 象徴夢 385  ― 木の実 >>

元型夢 276  ― 異世界への入り口

JUGEMテーマ:

 

 高校生に戻り、中国東北地方の高校に通っている。授業に出ると、数学の教科書を忘れていた事に気付いたので、教科書を買いに校外に出る。

 

 色々探し回るが、本屋が見つからない。暫くうろついていると、平原のはずの街のド真中に半分土がむき出しになった50メートルほどの高さの山が見える。

 

 その山に登ると、山頂に仙人とその弟子のような男性がいて、二人して私にアドヴァイスしてくれる。仙人は、

 

 「もっと詳しく知りたかったら、ここじゃ教えられないから、私たちについておいで。」

 

と言って、山頂に置いてあった小さな箱の中にある幅2弌長さ4僂曚匹侶箚屬卜昌慇茲ら飛び込んでいく。私も彼らについて行こうとしたが、両手首のところまでしか入れない。

 

 

 

※この記事のURL: http://koshiki.jugem.jp/?eid=3008

 


スポンサーサイト

  • 2020.04.01 Wednesday
  • -
  • 21:37
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2018/03/24 6:08 AM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2018/08/12 9:16 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
profile
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
free counters
sponsored links
links
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM