<< 思索ノート 167  ― 危機突破 | main | 象徴夢 514  ― 朝陽 >>

瞑想録 26  ― 力の言葉

JUGEMテーマ:瞑想

 

 夕食も、一日の家事も終え、明かりを消して尻の下にクッションを置いて、ユッタリと壁に寄りかかる。足を立てて、両手の人差し指で、腿に力の言葉を書いて行く。「力」・「調和」・「感謝」・「夢見」・「完成」・「悟り」・「自由自在」・「魔術」・「神話」・「復活」などなど。「マスターの教え」のインストラクションに従って、一つひとつの単語を心に刻み付け、それらが自分の心に与える影響をジッと観察する。

 

 5分ほどで、力の言葉の実習を終え、座布団を二つに畳んで、その上に尻を乗せ、胡坐をかいて背筋を伸ばす。想念を眺めて、頭と心を空にする。空に到達してから10分ほど瞑想する積りで空に集中する。1分ほど経ったかなと思ったところで、アラームが鳴る。想念が動かなくなればなるほど、時間の経過を短く感じるようになるようだ。真の瞑想者にとっては、「今」という瞬間しか存在しなくなるので、このように感じるのかも知れない。


スポンサーサイト

  • 2020.04.01 Wednesday
  • -
  • 22:25
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
profile
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
free counters
sponsored links
links
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM