<< ?夢 177  ― 女性パイロット | main | 年末のご挨拶 >>

色・戒

JUGEMテーマ:精神世界をめぐって

 

 禅坊主が二人、旅をしていた。一人は、和尚で、もう一人は、その弟子だった。ある時、二人は、川辺で向こう岸に渡れず困っていた美しい娘を見る。

 

 和尚は、迷わず、

 

 「私が、あなたを向こう岸まで運んであげましょう。」

 

と言って、彼女を抱き上げ、向こう岸まで運んでやった。娘は、二人に丁寧に礼を言って去って行った。

 

 それから、二人は、また旅を続けた。弟子は、考え事をしているような顔で、暫く何も言わなかったが、やがて意を決したように、師匠に話しかけた。

 

 「お師匠様、私たち禅坊主は、女色を避けて修行するべきじゃないですか?

  先程のお師匠様の行為は、教えに反するのではないですか?」

 

 すると、和尚は、妙な顔をして笑いながら、こう答えた。

 

 「おや、お前は、まだあの娘の事を考えておったのか?

  わしは、もうとっくの昔に忘れておったぞ。」

 

 

 禅宗に伝わる有名な話ですね。中国に行ったばかりのころ、長春の桂林路というところに、まだ大学を出たての女性の同僚(中国人)と二人で買い物に行きました。買い物を済ませ、昼食を摂るために、マクドナルドに入りました。

 

 中に入ると、空席がありません。同僚は、目の前の席二つに荷物が置いてあるのを見て、横に座っていた小学生のような女の子二人に、中国語で「席を開けてくれない?」と頼みました。二人は、快く荷物をどかしてくれました。

 

 私たちは、食事しながら、日本語で仕事の話をしていました。すると、隣に座っていた女の子たちが、英語で私に話しかけてきました。多分、外国人が珍しかったんでしょう。

 

 聞いてみると、驚いたことに彼女たちは、大学一年生でした。彼女たちは、私の携帯の番号とアドレスを私に聞いてから、

 

 「一緒に写真に写って下さい。」

 

と言ってきました。別に断る理由もないので、承諾すると、彼女たちは、私の腕に抱き着いたり、私の肩に頭をもたせ掛けたりして、楽しそうに写真を撮っていました。何か、子犬たちにじゃれつかれているような暖かい気持ちになったひと時でした。

 

 それから、彼女たちに別れを告げて、バスに乗って大学に戻るために、同僚と二人でバス停に向かいました。同僚は、マックを出てから、何か考え込んでるような顔をして、何も話しません。変だなと思っていると、突然、

 

 「鷹野先生、あの子たちに変なことしないで下さい。」

 

と言いました。彼女は、女子大生たちが私の腕に抱き着いている間中、あらぬことを考えていたようです。私は、彼女に

 

 「ハア?まーだ、あの子たちの事を考えてたの?

  おらあ、とっくの昔に忘れとったよ。」

 

と言って、上記の寓話を彼女に話して聞かせました。それから、彼女は、あらぬ妄想をする度に、

 

 「私は、二番目のお坊さんです。」

 

と言うようになりました。上記の寓話は、誰かが自分の頭の中で勝手に創り上げたものではなく、事実に基づいた話だったんでしょう。人間の本質は、時代が変わっても、何も変わらないってことですね。

 

 

 

 

 


スポンサーサイト

  • 2019.10.18 Friday
  • -
  • 20:30
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
profile
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
free counters
sponsored links
links
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM