<< 象徴夢 598  ― 無意識との対話 | main | 続・稽古ノート 8  ― 武道と舞踏 >>

元型夢 314  ― 鈴紐

JUGEMテーマ:

 

 神社に参拝に来る。本田の前に来ると、普通のモノよりかなり細い鈴紐が、4本ほど垂れ下がっている。「普通は、多くても二本くらいなのに、この神社は、少し変わってるな。」と思いながら、鈴紐を揺らすと、上からいきなり裸体の女性が直立の姿勢で落ちて来る。

 

 腰は見事にくびれていたが、よく見ると、乳房や臀部のような女性的部分がデフォルメされたかの如く、異常に大きい。

 

 

 夢はここで終わりです。眼を開ける前に、「また、結婚しろって夢か。もういいよ。」と思うと、今度は、以前、何度も夢の中で見た白人女性が和服を着て、私に向かって微笑んでいるヴィジョンが見えました。何度も夢の中に出て来るこの女性は、現実に存在している人なんでしょうか?それとも、単なるアニマなんでしょうか?謎ですね。


スポンサーサイト

  • 2020.05.10 Sunday
  • -
  • 17:36
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









profile
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
free counters
sponsored links
links
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM